業務・人を知る

若手Voice

働き方を知る、未来を語る。

人生100歳時代に生きる
20代の若き会計士4人。
太陽でたくさんの経験と実績を積んで、世界へ飛び出したい人、
出産・育児等があっても男性と同じようにバリバリ働いていきたいと燃える女性。
それぞれの人生と仕事がリンクして、
会計士生活がスタートします。

Q1.太陽を選んだ理由を教えてください

犬飼 「いろいろな業務・業界の仕事ができて、成長が早い」ことに魅力を感じて太陽に決めました。大手企業の一部に関わるより、中小企業の監査全体を見られることや、それがIPOに活かせることなども決め手でしたね。また、リクルーターの方の話と人柄にも惹かれました。

肥土 法人説明会を回っているとき、IPOとパブリックに興味を持ったのですが、他の監査法人では「部門移動しないとできない」と言われ、両方に関われるのは太陽しかありませんでした。職員の方々は皆さん、私の話をしっかり聞いてくれ、尊敬できる人とも出会えたことから、太陽に決めました。

佐々木 最初は大手法人を回っていて、「どんな業務に興味がありますか?」と必ず聞かれたのですが、実際に働いたことがないのでよくわかりませんでした。太陽の説明会での、「太陽なら何でもやらせてあげられるよ。入ってから得意なことを見つけたらいい。」というパートナーの言葉で入所を決めました。リクルーターの人間性に惹かれた部分もありますし、入所後も親身になってくれる上司が多いと感じます。

矢作 太陽の魅力は部門レスなところですね。IPOと国際をやりたくて10法人ほど回りましたが、「法人の規模が小さすぎるとIPOと国際はそもそもクライアントがないよ」と言われたことで太陽と出会いました。太陽はミッドサイズですが、クライアント数も多く、希望も聞いてくれて、将来、グラントソントンの税理士法人やアドバイザリー会社に出向の形で勉強もできます。実は法人説明会には2年連続で参加したのですが、2年目に職員の方が私のことを覚えていてくださって、すごくうれしかったですね。

Q2.入所後の1年間はどうでしたか?

犬飼 「J1の1年間」を見ると去年を思い出しますね。担当会社によって個々人で、繁忙期は変わることもありますが、私は9月決算の現場とリクルート活動が重なった10月と11月が忙しかったです。一方で、夏休みは有給をプラスして、海外と国内旅行に行くことができました。去年は、受験生の時とは違う成長を実感できた1年間だったと思います。1年を過ごす中でまた新たな目標も見つかりました。

肥土 私は3月決算、そのあとIPOの5月決算と期末が続いた時期が大変でしたね。最初の数カ月は、右も左もわからず悩んでしまうことも多かったです。でも、仕事でご一緒する先輩も増えていき、先輩や同期の皆さんに相談やアドバイスもらえたことが転換点になったと思います。業務以外にも語学研修などを経験し、多くのことに挑戦できた濃密な1年でした。

佐々木 最初の1ヶ月はしっかりと研修を受けられます。それでもやはり初めての現場は緊張しました。何をすればよいのか分からない時でも、チームの先輩や主査の方が一から丁寧に教えて下さっているので、着実に前に進むことができています。3月決算の会社を担当しているのでGWはないですが、今から夏休みが楽しみですね。

矢作 最初の研修は覚えることが多く大変でしたが、現場に出てすぐに覚えた知識が役立ったので研修を受けて良かったと思いました。現場では周りの方が親身に相談に乗って下さり疑問を解決して下さるため、日々成長していることを実感しています。2月決算と3月決算で当分忙しいので夏休みを多めに取りたいと思います。

Q3.希望した業務に関与できていますか?

犬飼 現在は上場会社の監査3社とIPO2社を担当しています。入所前はIPOの業務を希望していたので、希望した業務にしっかり関与させてもらえています。指摘事項が少ない上場会社の監査を参考に、IPO準備会社で自分の知識を使って、経理担当の方にアドバイスをしているときはやりがいを感じますね。

肥土 現在は上場会社の監査2社とIPOの2社、IFRS移行会社と他にも数社の業務があります。私の希望業務の1つにIPOがありました。関与した会社のうち、新規のIPOクライアントがあり、そこでは過去調書がないので、調書を一から作成していくのはとても難しかったですが、手続の意味を考えるいい機会でした。新規のクライアントの受注もあるので、このような機会を得やすいと思います。

佐々木 私は12月に入所したばかりですが、これから担当するのは上場会社の監査2社とIPOが中心になると思います。分野にとらわれず、様々な業種の監査やIPO等、幅広い業務に携わりたいと考えていたのですが、実際に多くの会社に行かせてもらっているので満足しています。上場会社の監査を経験して知識を蓄えながら、並行してIPOに携われることは得られるものが多いと感じます。

矢作 私はIPOと国際業務が入所時の希望業務でした。私も入所したばかりですが、現在は上場会社の監査2社とIPOを2社担当しています。国際業務については現在担当していませんが、今後担当させていただけると聞いていますので、希望業務は考慮していただいていると感じます。

Q4.話しやすい・相談しやすい環境だと思いますか?

肥土 思います。私が悩んでいた頃、数人の先輩に相談したことがありました。その皆さんが親身に聞いてくれて、その後も気にかけてくれたことは、とてもありがたく助かりました。私が質問した時、自分の作業進捗が良くない時でも丁寧に教えてくれる先輩も多く、私もそのようになりたいと思っています。また、定期的にコミュニケーション担当との面談の機会が用意されているので、相談のタイミングが見つからなかった時でも相談できる機会があるのは助かっています。

犬飼 私もそう思います。もちろん人対人なので全員がそうだとは言えないかもしれないですが、太陽には話しやすい先輩や上司の方が多いです。
入所したばかりの時にリクルートで関わった先輩や上司の方に話しかけてもらえた時は嬉しかったですね。同期でも仲が良く、将来について話し合ったりできるので本当にいい仲間に恵まれたなと思います。

佐々木 どの年次の方とも距離が近く感じられるので、その分コミュニケーションは取りやすいですね。入所してからは、事務的な手続きや実務的な側面でたくさん疑問が出てくるのですが、どの年次の方も聞けば優しく教えてくれますし、聞かなくても雰囲気を察して教えてくれることもあります。またパートナーの方も、事務所内でお会いした時には話しかけてくださることもあり、とても身近に感じられます。

矢作 私も話しやすさは実感しています。初めての現場では分からないことが多くありましたが、質問しづらい雰囲気は全く無く、先輩がその都度作業を中断してまで教えてくださいました。
また、佐々木さんの言うようにパートナーとの距離の近さは私も感じていますね。パートナーに気さくに話しかけていただけるというのは太陽の風通しのよさを表していると思います。同期ともとても仲が良く、頻繁に連絡を取り合い相談したり食事に行ったりしています。

Q5.日々成長を感じていますか?

犬飼 社会人1年目は、対クライアントコミュニケーションでは苦労しました。言葉遣いという意味ではなく、クライアントに対する仕事としての会話に慣れてなくて、「伝え方」で苦戦していますね。その一方で、コミュニケーションの機会を積むことで徐々に会計知識がない人に説明する技術が身についてきているのは成長の実感としてあります。仕事以外にもリクルート関連の業務や、忘年会の業務を任せてもらって様々な経験をしながら過ごせています。

肥土 入所1年ちょっとになりますが、山あり谷ありですね。最初の半年は3社ほど担当しましたが、調書の作り方ですごく悩みました。しかし、半年過ぎて、いろんな会社で様々な調書の書き方を見ることができたので、その経験がIPOの新規クライアントで活きていますね。IPOは自分で考えることも多く難しいですが、その分、できるようになった時には成長も感じやすいのでやりがいがあります。

佐々木 入る前のイメージだと3社ほど担当するのかなと思っていましたが、入所3ヵ月で7社ぐらい関わっていて、思っていたより色々な会社に行かせていただいています。それぞれの監査の現場で色々な主査の方と関わるので、その方々の監査の仕方や見方などの違いが面白いと感じますし、大規模な監査チームに張り付くよりも自分の性格にも合っていますね。

矢作 入所3ヵ月は研修が多かったですね。その当時は大変だなと思いましたが、現場を経験するうちに会計士は専門知識のアップデートが常に必要なことを痛感しました。現場では、自分より年次が上の方の仕事なども様子を見ながら任せてくれて、分からないところは詳しく教えてくれるので、徐々に任せられる範囲が増えていくことで自分が成長している実感があって楽しいです。

受験者の皆さんへメッセージ

犬飼 自分が「将来何をしたいのか」を明確にした上で複数の法人を見て、目標に合っている法人を選んでください。「何をしたらいいかわからない」という方は、法人を見て回っているうちに、興味がある分野が出てくると思いますので、受験生の方々にはもし可能なら合格発表前に多くの法人を見て回っていただきたいです。「太陽に入って成長したい!」という人と監査チームで一緒に頑張りたいです。

肥土 多くの法人の説明会に行くうちに、イメージできなかった会計士の業務分野が分かってくるはずです。太陽は、多種多様な魅力を持った会計士がいて、複数の業務ができる機会があります。積極的に声を挙げれば、やりたい仕事ができるので、チャレンジしがいがありますね。また、驚いたのは監査グループの懇親会の高い出席率で、法人内の交流の強さを感じました。

佐々木 仕事の実務はイメージしにくいでしょうが、自分が「どんな会計士になりたいか」を想像して、法人を決めるのがいいと思います。私は、会計士としての知識を活かし、多方面の知見を持った会計士になりたいと漠然と思い描いていました。太陽は、部活動に積極的だったり、忘年会の雰囲気が変わっていたり、仕事以外でも人と人の距離が近くて、法人の中の繋がりは独特です。

矢作 私自身は10法人ほど回りましたが、それぞれの色があるので、違いを肌で感じることは大事です。自分の背中を押してくれたのは、「太陽なら成長が早いらしいよ」という声でした。入ってみると、人が良くて、雰囲気が良いし、幅広いバックグラウンドを持った同期と出会えて、話をするのが面白いです。

犬飼 自分の将来の目標は、太陽で経験と実績をつけて、世界へ飛び出すこと。そのために常に自分の目標を意識して仕事や勉強を頑張っていきます。

肥土 将来は無限に選択肢があると思うので様々なことに挑戦したいです。海外赴任も視野に入れていて、語学研修でのコミュニケーションの経験から刺激され、今後も英語の勉強を続けていこうと思います。英語は得意ではありませんが、頑張れば伝わることがわかったのが収穫です。

佐々木 将来の夢はまだ具体的に設計はしていませんが、監査以外のコンサルなどもやってみたいし、海外にも行ってみたい。勉強しながらやりたいことを積極的に見つけてトライしたいです。

矢作 自分の夢も犬飼さんのように枠に囚われないで大きく飛び出したい。そのためにも「太陽の矢作」をアピールしたいです。