業務・人を知る

若手スタッフ

働き方を知る、未来を語る。

若手スタッフには
今の太陽有限責任監査法人はどのような
カタチをしているのか――
今回登場するのは、
J1(入所1年目の職員)と
J2の新進気鋭の4名。
彼らの視点から見える、
太陽の魅力や就職活動での決め手、
受験時代から
未来のキャリアまでを
率直に語り合う。

私たちはなぜ会計士を目指したのか

古家 大学は商学部でした。卒業して普通のサラリーマンになるのはイヤだなと思っていたときに、予備校の説明会に参加しました。「士」が付く公認会計士の響きがカッコイイのと、数字という道具を使って会社の実態を把握する仕事内容を知って、会計のプロフェッショナルとして社会の役に立ちたいと思い目指しました。

竹内 大学に入って、資格ガイダンスで公認会計士の存在を知りました。大学受験で必死に努力することができなかった自分に後悔していたので、大学では何か一つ努力をして結果を残したいと思い、試験合格を目指しました。公認会計士は監査ばかりするというイメージでしたが、監査以外にも様々な業務ができる職業と知って、仕事の奥深さを感じているところです。

 父が今も現役の税理士で、小さいときから税務会計は身近な存在だった影響はあると思います。女性が社会へ出て働きやすい資格を持ちたいと会計士を目指しました。父の仕事は中小企業や個人事業主が相手なので、細かな相談を受けながら、コミュニケーションを取って指導をしていく姿に影響され、自分も中小企業にとって信頼されるような会計士になりたいという思いがあります。

佐藤 母が商業高校出身で自然に簿記に興味を持ち、大学では会計を専攻していましたが、簿記の課外講座を受けている中、講師から会計士を勧められたのがきっかけです。簿記を土台にして会社法や税務・経営学と様々なことを学べるので、自分の興味関心が広まるのではないかと思い、勉強を始めました。周りに会計士を目指している友人が多かった影響もありますね。

佐藤 光

監査チームの雰囲気が良いため、入所を決める前に「人の太陽」と言われていたのは本当のことだったんだなと、現場で実感しています。諸先輩方の仕事振りを見て、同じだけ働いてこういう風になれるのかと、日々刺激を受けています。

就活の中で太陽に決めた理由

古家 私は実は大手法人で一年間、金融機関の監査を担当しましたが、経験を重ねていくにつれて、色んな会社の監査を経験したい、色んな業務をやってみたいと思うようになりました。大手にいた頃から、太陽は部門の垣根がないのが魅力だなと感じ、太陽に転職を決めました。法人に入る前は、自分が何に向いているのかはわかりませんから、「入ってから動ける体制と、多彩な業務ができる規模感」は理想的だと思います。

竹内 就活中は、大小様々な規模の法人の説明会に参加しました。その結果、説明を聞くたびにどの業務もどの法人も魅力的に感じてしまいとても悩みました。ですが、太陽は大手の魅力的な点と中小の魅力的な点の両方を兼ね備えている自分にあった規模の監査法人だと思い、入所を決めました。実際にそのイメージに乖離はなく、太陽に決めて良かったと思っています。

 私は将来なりたい会計士像を考えたときに、中小規模の企業の良きビジネスパートナーになりたいと思いました。太陽自体が大手ではないため、そういった中小規模の企業とも目線を同じくできるのではないかと考えたのが決め手です。また、スペシャリストになるよりいろいろな経験をして幅広く見たい思いもありました。様々なクライアントに行く中で、信用金庫にも行かせて頂き、「自己査定」業務を経験できたことは良い経験となりました。

佐藤 私は、今後の会計士に求められるものを考えたとき、高い個の力をつけることだと思ったのが原点です。そのためには、入所時から分野を絞るのではなく、まずは若いうちから様々な業種の監査やアドバイザリーのサービス提供に関与することが必要と考えました。そうすることで、自分の中にシナジー効果が生まれ、自分に合った専門分野を見つけた時にそれが活きてくると思い、それを実現できる可能性が最も高い太陽に決めました。

現在の担当クライアントと、
仕事のやりがい

古家 私は前職の大手での所属が金融事業部だったので、一般企業の監査はしたことがありませんでした。今は実質一年目と同じ気持ちで、不動産業の監査と、IPO監査も何社か携わっています。現場でのOJTを含めて、どの現場も刺激が多く、勉強になります。

竹内 私は勤務を始めたばかりですが、不動産業、ソフトウェア業、SPC(特別目的会社)、製造業の監査などいろいろ見ています。初めて行く現場は本当に緊張しますが、心がけているのは、まずチームに貢献しよう、任された仕事は一生懸命やろうということですね。現場に出てみて会社の経理実務を理解する事が難しく、自分の作業が正しいのかまだ先輩に聞かないと判断できないことに苦労しています。

 私は上場会社数社と信用金庫を担当しています。上場して数年の会社に行くことも多く、指導の機会があることにやりがいを感じますね。主査とクライアントとのコミュニケーションの様子を見て、私もこうなりたいと強く思います。信用金庫はこれまでの自分の人生と縁がなかったので、最初はイメージがしづらかったですが、自分が知らなかった世界に踏み込んだ感じで、興味深く感じています。企業それぞれに特徴があり、関わってみて初めて分かることがたくさんあります。

佐藤 現在はファンドの監査に携わっています。ファンドは他の業種に比べて一連の監査の流れを把握しやすい特徴があり、とても貴重な経験をしていると思っています。反面、ファンド事業はそれ自体が特殊で、受験生の時には学習したことのない論点が随所に出てくるため、勉強になります。南さんが言うように、机上ではイメージの付きにくかったものが実務を通して気付かされることは多く、そうした時に監査のやりがいを感じています。

南 晴香

今も現役で働いている税理士の父が苦労して仕事をしているのを見てきているので、私も信頼される会計士、頼れるビジネスパートナーになれるように頑張っていきたいと思っています。

会計知識と同時に、
コミュニケーション力を鍛える

古家 仕事の中で難しいなと思う反面、面白いのは対クライアントとのコミュニケーションです。1年目にIPO監査を担当したとき、その会社の担当者から、自分たちの組織をより良くしようという熱意が伝わってきました。それに応えるために、先方からの質問に対して、どういう説明の仕方をすれば理解してもらえるかを試行錯誤しました。後日、説明して、「すごく分かりやすかったです」と言われたときはやりがいを感じましたね。

竹内 監査業務で「質問すること」は一番大事だとよく耳にします。チームの先輩は、私の質問に対してプラスαを加えて返答してくれます。先輩がクライアントの方と話をしているときは、思わず自分の作業の手を止めて聞いてしまいますね。あるチームでは、先輩が「竹内さん、会社の方に質問してみますか」と機会を作ってくれてうれしかったです。私も後輩に成長の機会を与えられる会計士になりたいと思いました。考えて、質問して、答えを受けて考えるという繰り返しが自分の成長につながるのだと思います。

 現在は小規模なチーム編成が多く、主査との距離が近くてコミュニケーションが取りやすいです。任せてくれるところもあれば、主査から丁寧にフォローもしてもらっています。クライアントへのヒアリングの機会も多く、事前の勉強は大変ですが、話し合うことで課題が明確になってきます。クライアントとのコミュニケーションは今も緊張しますが、年次が上がったときに「経験=現場力」は必ず役に立つので、頑張りたいと思います。

佐藤 メンバー間の距離が近いため、先輩方は現場で丁寧に教えてくれますが、難しいのは、どのようにクライアントとのコミュニケーションを取るかということです。現場で求められるコミュニケーション力は、会計知識に裏付けられる面があり、特に対クライアントでは、1つの質問で専門家としての信用を失いかねません。常に「会計士」としての自覚を持ち、自己研鑽し続けることが大切だと感じています。

古家 太陽は話しやすい人や人柄が良い人が多くて、仕事を覚えるには良い環境だと思います。自分より年下の主査の人も多いですが、チーム内は円滑で、何を聞いても教えてくれるのが頼もしいですね。目標となる先輩が多いので、実践で鍛えられるのはウェルカムです。

 入所してすぐの繁忙期に、リクルートのときにお世話になった先輩から、「社内で夜遅くに南さんを見かけたけど大丈夫?」とわざわざメールをいただきました。自分のことで精一杯な時期だったので、私もそういう気遣いができる人になりたいと強く思いました。

竹内 そうやって気に掛けてくれる先輩は多いですね。いろんな面で支えてもらっています。

竹内 和夏

若い年次の方でも年齢も経歴もバラバラで、話をしていて面白いです。既に様々な現場に行かせていただいており、色んな現場でいろんな人とご一緒できるので、人との繋がりを大切にして仕事の活力にしていきたいです。

将来、どんな会計士になりたいか

古家 今、興味を引かれるのはIFRS導入支援やDD(デューデリジェンス)、監査ではパブリック(公会計)ですが、将来の道はこれから見つけていきたいと思っています。大手にいたらその部門に所属しないとできないことができるのが太陽の一番の魅力なので、会計士ができる一通りの業務をやってみて、自分の得意分野を見つけたいですね。

竹内 与えられた仕事以外で興味があるのは古家さんと同じくパブリック系です。与えられた仕事は何でもやりたいと思っていますが、やりたいことはしっかりアピールしていきたいと思います。様々な会社を見て、自分の興味が持てる分野を見つけることが今後の目標です。

 私は太陽に入ってから、自分がどういうキャリアを歩むかを決めようと思っていました。まだ今は明確なカタチはないですが、初心を貫徹して「クライアントに信頼される会計士」になりたいと思っています。

佐藤 まずは様々な経験を通じて、多角的な視野を持って、自分の考えや意見を発信できるようになりたいです。そのうえで、最終的には会計以外の分野で専門性のある会計士を目指したいと考えています。

古家 南さんと佐藤君の言うとおり、クライアントから頼られる会計士、自分の知識と経験に基づいて自分の意見がきちんと言える会計士になりたい。自分はオールラウンド志向が強いかもしれません。いろんな業務で声がかかるよう貪欲に進みたいです。

竹内 女性の立場で気がついたことは、太陽の先輩を見ていると、結婚してお子さんが生まれて、子育てしながら働く方も多くいることです。多様な働き方が認められる業種だと思うので、自分の人生の変化にあわせながら、仕事をしたいと思います。

 私はこれからの人生で、資格を持っていることは強みになると考え、会計士を選びました。将来は、資格を活かして幅広く活躍していきたいです。

佐藤 最初は、好き嫌いなく色んな経験をした方が、会計士という資格の魅力をより認識できると思っています。その中で、自分が特にやりたいと感じることを率先して見つけたいです。

古家 嵩章

入所1年下の佐藤さんとは、年齢も入所前の経歴も大きく違いますが、現場では共に成長を目指す仲間です。太陽はメンバーの距離感が近く、組織に縛られることなく、個性を活かせる環境が整っている面白い事務所だなと思っています。

J1キャリア年表例

※スワイプしてご覧ください。
12月
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
上場監査
(3月決算)
3Qレビュー
期中監査(出張)
期末監査
1Qレビュー
J-SOX
2Qレビュー
期中監査(出張)
J-SOX
IPO業務
(12月&3月決算)
期末監査
期末監査
期中監査
期中監査
会社法監査
(12月決算)
期末監査
期中監査
その他
入所
研修
スポット
アドバイザリー
スポット
研修
夏季休暇
海外語学研修
国際業務
有給取得