業務・人を知る

太陽の経験を活かして活躍する
スタッフ

幅広い経験が出来る太陽有限責任監査法人。そこで過ごした刺激的な時間と出会いが今の私の思考の礎となり、支えてくれています。

太陽監査法人の在籍中に仲間とともに会社の設立を計画し、監査法人を退所した現在はその会社の取締役として働いています。監査の過程において、自身の実務に対する知識の低さを痛感する場面が多くあり、そのような場面にぶつかる度に知識の研鑽に努めていきましたが、知識を得るほどに実務を行いたいと思うようになり、会社を設立するに至りました。私の会社は、海外から輸入した商品の販売・レンタルおよびその商品を使用したイベントの企画・実施を行っています。会計や監査とは直接関係のない分野に進んだ私ですが、会社経営と監査は似ているところがあると感じています。監査では、過去や現在の状況を分析し、将来的な判断をする場面が度々あります。その状況はまさに会社を経営するのと近い感覚であり、太陽監査法人における監査経験の積み重ねにより、自然とそのような思考を身に付けることができました。また、経営経験のなかった私にとって、監査の過程で出会った経営者の方たちの考え方の全てが今の私の思考の礎となっています。太陽監査法人の魅力は、大手や中小ではできない幅広い経験を早い段階から出来ることだと思います。
そのような法人であったからこそ、自身のキャリアプランの形成に多くの可能性を与えてくれました。現在は自身の会社規模拡大に努めていますが、それとともに、太陽で過ごしたような刺激的な毎日を送れるよう、日々成長していきたいと思っています。

清水 充則Mitsunori.Shimizu

大学卒業後、国家公務員を経て、2008年に太陽有限責任監査法人に入所。主に法定監査に従事。2016年にミズジャパン株式会社を設立し、同社取締役に就任。現在は会社全体の管理業務を中心に、幅広い業務を行っている。

1人の駒でなく個性を持った会計人として成長が出来る監査法人。
その経験が一事業主として働く今も生きています。

現在は、私の地元である長野で、父親が開業していた税理士事務所に入り、税理士として中小企業等の税務顧問としての業務をしながら、太陽監査法人の非常勤職員としての業務も含め、長野や北陸での各種監査業務を実施しています。太陽監査法人を俯瞰して見ると、その特徴は規模感と多様性にあると思います。法人として一定規模を維持しながらも、多様な業務・会社・人々と関わりを持てるのは、太陽監査法人ならではです。在籍中、業務もチームスタッフもクライアントも週替わりで変わる環境で、仕事をよりスムーズに進めるために、常にクライアントやパートナー、チームスタッフとあらゆる方向に心を配りながら業務に取り組んだ経験は、今の私にとって大きな財産になっていると思います。例えば一言でクライアントと言っても、経理の方なのか、企業の代表の方なのかでその伝え方や対応は大きく変わってきますし、パートナーやチームスタッフに対しても、それぞれがどんなタイプの人間なのかを考え、仕事の任せ方や言葉選びに気を付けていました。そのような、相手の状況、立場、性格、ニーズ等を考えながら仕事をした経験は、一事業主として働く今でも非常に生きていると感じています。その規模感・多様性から、会計士として働きながら自分の方向性を探っていきたい人や、1人の駒ではなく個性を持った会計人として成長し、活躍したい人にはぴったりの環境が太陽監査法人にはあると思います。

吉村 侑祐Yusuke.Yoshimura

2010年4月に太陽有限責任監査法人に入所。在籍中は主査として様々な業種の上場企業の法定監査やIPO監査に従事。2017年8月に吉村税務会計事務所に移籍。税理士として中小企業の税務顧問業務をしながら、地元長野を中心に監査業務も実施している。