RECRUIT BLOG リクルートブログ
2022.09.15

職員紹介【大阪】③

皆さん、こんにちは!
大阪事務所 シニアスタッフの 橋本 です。

論文式試験、お疲れ様でした!

はじめに


まず、私の経歴を簡単にご紹介します。

大手監査法人時代 @東京事務所

2009年、大学在学中に公認会計士試験に合格後、大手監査法人(東京事務所)に入所。
所属していたのは金融機関の監査事業部で、主に証券会社の監査業務に従事していました。

転職1回目:一般事業会社時代 @関西

結婚を機に東京から関西に引っ越したタイミングで監査法人を退職し、一般事業会社に転職。
決算業務(連結・単体決算)や有価証券報告書などの開示資料の作成、予算策定業務などを担当していました。
上場企業だったので、監査対応もしていました。

転職2回目:太陽有限責任監査法人 @大阪事務所

上場企業の経理業務を数年間経験した後、再び監査業界に戻ることを決意し、太陽監査法人の大阪事務所に入所。
現在は、上場企業の監査とIPO業務の主査を担当しています。プライベートでは、7歳と3歳の子供の母でもあります。


このブログでは、以下の3点についてお話しします。
私の今までの経験を通して、太陽の魅力が伝わればと思います!

  1. なぜ監査業界に戻ってきたのか
  2. 太陽を選んだ理由
  3. 実際に入ってみてどうか

1.    なぜ監査業界に戻ってきたのか


私のような、
監査法人 ⇨ 一般事業会社 ⇨ 監査法人 という経歴の人を見ると、受験生の皆さんは不思議に思われるのではないでしょうか?

なぜ一度は離れた監査業界に戻ってきたのか?
それは、会計士としての自分の引き出しの少なさ、知識や経験の少なさを実感したからです。

一般事業会社に入ると、当然ながら周りの人達は会計士ではないため、会計的な論点があった場合、まずは自分で調べて検討し監査法人に相談することが多かったのですが、監査法人とのやり取りの中で、自分の会計士としての知識不足を感じるようになっていきました。

そして、一般事業会社の業務も面白くやりがいを感じてはいましたが、監査法人に戻り再び、自分の知識や経験を磨きたいと思うようになりました。

当時、第一子はまだ2歳。
監査法人に戻れば残業は不可避と分かっていましたので(これは後々太陽との出会いによって解決します)、家族からも反対されました。

しかし、転職活動をする中で、転職エージェントの方から「太陽監査法人はどうですか?」とオススメされたことをきっかけに、事態は大きく動きます。

2.    太陽を選んだ理由


① 個人の事情に沿った働き方を受け入れてくれる


転職活動をしていた当時、子供は2歳と小さかったので、「なるべく残業と出張のない働き方をしたい」と考えていました。
一方で、監査法人で働いていた経験から、監査業務は残業が不可避であることも知っていました。

業務の特性上、審査前などは、どうしても忙しくなります。
さて、どうするか…

知り合いの会計士の方や転職エージェントの方と相談していく中で、とりあえず太陽の面接を受けてみることにしました。

面接は穏やかに進み、採用担当パートナーの方から働き方の希望について質問を受けた際、「出張はナシ、残業は極力ナシでお願いできますか?」と内心ビクビクしながら聞きました。

すると、パートナーの方は、

「全然問題ないですよ!ご家庭の事情もあるでしょうし、無理なく働きましょう。」と笑いながら言ってくれました。

「どうなるかは分からないけれど、一度、この法人に入ってみよう」
こうして、太陽に入所することが決まりました。

② 部門レス


太陽では、
下図のようにグループ制を採用しており、各グループの中にバランス良く各種業務が配置されています。

※ 大阪事務所は2グループ制なので、第1グループと第2グループのみです。

一般事業会社の決算業務を経験したので、
監査法人に戻るのであれば、次は金融機関ではなく一事業会社の監査をしたいと考えていました。

でも、もし「IPO業務や公会計に興味が出てきたら?」「また金融機関の監査をやりたくなったら?」と考えたときに、太陽の部門レス組織はとても魅力的でした。

私は現在、上場企業の監査とIPO業務をメインで担当していますが、子供に手がかからなくなったら、国際業務やパブリック業務も経験してみたいなと考えています。

3.    実際に入ってみてどうか


入所当時の職階はスタッフで、上場企業の監査は主査をせずメインスタッフとしての業務、そして少しIPO業務の主査、という担当で、採用時の約束どおり残業は殆どありませんでした。
その後、第二子を出産し産休・育休を経て復職したタイミングで、シニアスタッフに昇格しました。

シニアスタッフになってからは、上場企業の監査とIPO業務の主査を担当しています。
監査チームの主査をしている関係上、急ぎの対応がある場合や繁忙期については残業をしていますが、担当する社数を調整してもらっているので、繁忙期とそれ以外でメリハリのある働き方をしています。

太陽では、お子さんがいる方や、その他事情のある方が、それぞれフレキシブルな働き方をしています。
時短勤務や週4日勤務、私のようにフルタイム勤務だけれど業務量を調整してもらうケースなど、様々な働き方ができます。

もちろん、時短勤務やその他の制度については、昨今だと監査業界だけでなく多くの企業でも取り入れている制度ですので、制度面で太陽だけ特別ということはありません。

しかし結局のところ、
『制度+相談=無理のない働き方』につながると、私は思います。
この点で、太陽は非常に風通しが良く、私自身も働き方で困ったことがあれば、すぐに上司に相談して調整しつつ働いています。

周りに相談できる組織風土かどうか?

これが、実は制度以上に大事な要素であると考えています。


さいごに


就職活動のポイントは何でしょう?
私が初めて就職活動をしたのは10年以上昔なので、詳細は控えますが…

あえてひとつ挙げるとすれば、
気になる監査法人や企業については、リクルートサイトに登録して、実際に働いている方々と話をしてみてください。

監査法人に入所するにしても、一般事業会社に就職するにしても、

一緒に働く人と合うかどうか?

これは、とても大事なポイントです。

「なんとなくここは合わないかも…」
「ここは良いような気がするな!」

そんな直感で大丈夫です。この直感、案外当たります。

監査法人に関しては、各法人でカラーが異なります。
また、同じ法人内でも、東京事務所とその他の地区事務所では、雰囲気が異なります。
さらに、大手法人であれば、各事業部でもこれまた雰囲気が異なります。

ぜひ、たくさん悩んでください。
そして、たくさんの法人や企業の採用担当者の方々とお話ししてみてください。

皆さんの会計士としての人生が、豊かに花開くことをお祈りしています!