RECRUIT BLOG リクルートブログ
2022.09.02

職員紹介【大阪】①

皆さん、こんにちは!
大阪事務所 入所2年目 田中 楓 です。
私は2021年2月に論文式試験に合格し、専門学校卒業後、2021年3月から常勤として勤務しています。

はじめに


論文式試験、本当にお疲れ様でした!
新型コロナウイルスの感染状況がリバウンドを繰り返す中、息抜きもままならず試験勉強に勤しみ、不自由な生活が続いていたかと思います。
私も試験後は本当に疲れ切っており、時の流れに身を任せながら、今までの疲れから解放されていくのを感じていたことを思い出します。

ゆっくりできるのも束の間、
現在は就職活動に忙しい日々を送られているかと思いますが、順調に進んでいますでしょうか?
何から始めればよいか正直分からないという方も多いかもしれません。

そこで今回は、自身の経験を交えながら以下の3点についてお話していきます。

  1. 太陽に決めた理由
  2. 実際に働いてみて
  3. 就職活動について

少しでも皆さんの就職活動の参考になれば、嬉しい限りです。
では、スタート!


1. 太陽に決めた理由

唯一無二の規模感


私が太陽を選んだ最大の理由は、
“大手と中小それぞれの強みを兼ね備えた、唯一無二の規模であること” です。

大手監査法人の場合、有名な大企業の監査に携われる可能性があります。
しかし、所属する部門によって関与できる業務の種類はある程度決まってしまう場合が多く、部門を跨ぐ仕事もなかなか柔軟にはできません。

中小監査法人の場合、部門レスではあるものの、監査法人の規模によっては、そもそも希望業務のクライアントが無い場合や、希望業務のクライアントが少ないために、希望したとしても関与できないことがあります。

どちらにも強みと弱みがある中、
欲張りな私の希望を唯一叶えてくれたのは太陽でした!

太陽は、総合的な規模としては業界5番手、上場企業のクライアント数では国内第4位に位置しており、『グローバル×ミッドサイズ』という特異なポジションです。
大手と中小の中間であり、この規模感でしか発揮できない『いいとこどり』な太陽に興味が湧きました。

太陽は、この “唯一無二の規模感” を活かし、下図のようなグループ制を採用しています。
各グループの中にバランス良く各種業務が配置されているため、『どこに配属されても多様な業務を同時に実施できる環境』が整っています。

※ なお、大阪事務所は2グループ制を採用しています。                              

太陽が部門レスな働き方を取り入れている理由は、将来の会計士像を思い描きながら、自身のキャリアプランに基づいて業務を選択するためです。
多種多様な業務に携わることは、自分が何に興味があって、どんな関心を持ったのかについて再発見する貴重な機会です。
それは自身の成長となり、そして会計士としてのビジネスフィールドを必ず広げてくれます。

なりたい自分を後押ししてくれる
法人に就職したい

これは、就職活動をする皆さんにとって、共通の条件ではないでしょうか。

2. 実際に働いてみて


多様な業務を経験できるのはホント


太陽の魅力の一つである『どこに配属されても多様な業務を同時に実施できる環境』について、実際はどうなのか気になりませんか?

以下は、私自身の直近1年間の関与業務割合です。
主な業務は上場企業の監査やIPO業務ですが、学校法人の監査にも関与しています。

自分が積極的に志望せずとも、気づいたらいろんな業務に関与していたというのが正直な感想です。
また、IPO業務数が近年増加しており、1人1社以上はIPO業務に関与している印象です。

リモート率が高い


私はコロナ禍に入所しましたが、当時からリモートワークが進んでいました。

太陽は感染状況が落ち着いてきた現在も、リモートワークが働き方の1つとして認められています。
社会や個人の状況に合わせ、働く場所の柔軟性が認められていることで、住んでいる場所にとらわれることなく、また、育児や介護との両立ができるなどのメリットがあります。

私は、事務所へ出勤するのに3時間程度かかりますが、リモートワークの際は通勤のストレスが無いため、快適です!

私の同期にアンケートを取ってみた結果、以下のようになりました。

大阪事務所ならではの魅力


まずは何といっても、太陽の総括代表 山田 茂善 は関西出身ということです。
太陽の本部は東京事務所ですが、大阪事務所にいらっしゃる日も多いのでお見かけすることがあります。先日事務所で仕事をしていた際、山田総括からドリンクの差入れがありました!

このやり取りからも分かるように、上司との距離感が近いことも魅力の一つです。
分からないことや相談事があれば気軽に話せることは、仕事の効率面でも良い影響を与えてくれます。

また、大阪事務所はレトロでオシャレな街並みが魅力の中崎町に位置しています。
ランチが人気のお店が多いので、Instagramで調べてから食べに行くのが日課です。ランチの後は、レトロモダンな中崎町をぶらり散歩するのもオススメです!

最近、大阪事務所のレイアウトが変更されました。
リラクゼーションスペースやドリンクカウンターが新たに設けられ、事務所で働くだけで気分が上がります。ぜひオフィスツアーで確かめてみてください!

3.    就職活動について

どんな公認会計士になりたいですか?


自分に合った就職先を見つけるヒントとして、自身のキャリアを軸に考えてみてはいかがでしょうか。
将来どんな公認会計士になりたいのか、そのためにどのような環境で知識や経験を得る必要があるのかをじっくりと考えるとてもいい機会だと思います。

私の論文式試験合格までの道のりは長く険しいものでしたが、その分様々な会計論点に触れる機会があったため、そこで身につけた知識を生かして、多様な場面で活躍できる公認会計士になりたいと考えました。
そのキャリアを実現するための法人選びにおいて、私は『広い視野と自身の強みとなる専門分野を獲得できる法人』である点を重視しました。

このように、
『将来の会計士像 ⇨ そのために必要な能力 ⇨ それを獲得できる環境』と将来から現在へブレイクダウンして考えると、法人選びの主軸が決まると思うので、参考にしてみてください!

すべては情報収集力


まずは、各監査法人で開催されているイベントに参加してみましょう。
私自身、大手から中小までたくさんの法人イベントに参加することで、実際に公認会計士として働いている方々の生の声を聞き、自身の会計士像を思い描いていました。
また、インターネット・SNSからも情報収集を行い、それぞれの監査法人の特徴や働き方などを知り、自身に合った環境を模索していました。

次に、監査法人で働いている知人に話を聞いてみてはいかがでしょうか。
私は、監査法人の規模に関係なく、先輩や知人に実際に働いてみた感想を聞いた結果、太陽で働いていた先輩のポジティブな意見に後押しされました。

実際に働く方のリアルな声が明るいと、安心しますよね!


おわりに


最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

私は就職活動期間、何度も悩みましたが、最終的に太陽を希望して本当に良かったと感じています。
ぜひ皆さんも、たくさんの法人イベントに参加して、自分に合った法人を見つけていただきたいと思っています。

論文式試験を経た皆さんの努力が、納得のいく形で就職活動の結果に結びつくことを、心から応援しています!!