RECRUIT BLOG リクルートブログ
2022.08.26

就活体験記【名古屋】①

皆さん、こんにちは!
太陽監査法人 名古屋事務所 入所1年目  花井 達彦 です。

私は2021年12月に入所し、現在に至るまで、複数のクライアントの監査業務を経験してきました。

はじめに


論文式試験を受験された受験生の皆さん、本当にお疲れさまでした!
まずは、会計士試験という体力的にも精神的にもツラい試験に本気で取組んできた自分自身を、褒め称えましょう。
友人と食事に行ったり旅行に行ったりすることで、しっかりとリフレッシュして欲しいと思います。

一方で、この記事を読んでいる方の多くは、合格発表までの間に各法人の説明会・相談会等のイベントに参加し、就職活動を進めようとしているところだと思います。
今回はそんな皆さんに、就職活動の進め方や監査法人での働き方について少しでもイメージを持ってもらえるように、2つの内容をお伝えしていきます!!

  1. 就職活動の進め方
  2. 太陽監査法人 名古屋事務所の魅力

就職活動の進め方


監査法人は、合格発表後の就職活動スケジュールがとてもタイトです。
試験後から合格発表までの間で各法人の雰囲気や特色について把握し、自分がどの法人に入りたいかについて、イメージを固めていくことが重要となります。

私自身も合格発表前のイベントは、監査法人で実際に働いている方々と法人のことはもちろん、会計士のキャリアについてじっくり話ができる貴重な機会だと思ったので、積極的に参加するようにしていました。
最初は少し緊張していましたが、慣れてくると意外と楽しかったので、参加するかどうか迷っている方も、積極的に参加していって欲しいと思います!

とは言っても、法人ごとにどういった違いがあるのか理解したり、入所してからの働き方をイメージしたりするのは、なかなか大変です。

そこで、ここからは私が所属している太陽監査法人(名古屋事務所)について、ご紹介していきます。
少しでも皆さんの就職活動の一助となれば、嬉しい限りです!

太陽監査法人 名古屋事務所の魅力

名古屋事務所ってどんな雰囲気なの?


名古屋事務所に所属している人の性格は様々です。
ユニークで面白い方もいますが、全体的には落ち着いた性格で話しやすい人が多いのではないかと思います。

私が配属されているチームの先輩も皆さん優しくて、コミュニケーションを取りやすく、躊躇せずに質問や相談をすることができます。

入所1年目の新人のときは、監査手続の進め方や担当クライアントについて分からないことも多く、上司に適宜質問をしながら仕事を進めることが大切です。
コミュニケーションを取りやすい環境であるかは、法人選びにおいて重要な要素の1つであると言えます。

私が太陽監査法人に入所を決めた理由も、コミュニケーションを取りやすそうな法人だと感じたからであり、入所して約1年働いてみて、私の決断は間違ってなかったと感じています。 

(とはいっても、もしかしたら中には厳しい方はいるかもしれないので、この記事を読んで入所したのに「優しい先輩なんていないじゃないか!」と思ったら、私に言ってくれれば責任をもって相談に乗ります…(笑))

私が約1年働いて感じた名古屋事務所の魅力


“成長できる環境”

「どこの事務所であろうと成長できるでしょ」
というツッコミが聞こえてきそうですが、特に太陽監査法人は、圧倒的に成長できる環境だなと思っています。

上司からの丁寧な指導&人を育てていこうという組織風土

名古屋事務所の特徴は、職員約30名程度の事務所であり、パートナー・マネジャー、主査といった上司の方との距離も近いことや、一人ひとりの成長を大切にしていることが挙げられます。
私は期末監査中、上司の方々に監査手続の意味や監査調書の作り方、仕事を効率的に進めるための意識など、丁寧に指導して頂いた経験があります。

監査経験が豊富な上司の方々から直接指導してもらえる環境は、会計士として成長していくためにはとてもプラスの要素です!

また、名古屋事務所には、大手監査法人から移籍してきた人や、もともと事業会社で働いていた人、独立して非常勤で勤務している人…と、様々な経歴を持った人がいます。自分のキャリアを考えるうえで参考になるお話を、昼食時などに聞くことができるのも、隠れた魅力の1つです。

経験できる業務の幅

上記のグラフは、私が入所してからこの記事を書くまでの間で関与した業務の割合になります。
期末監査で関与したクライアント数は、下記の通りです。規模はそれぞれ違うものの、計5社に携わることができました。

  • 上場企業  3社(不動産、自動車、ソフトウエア)
  • 非上場企業 2社(卸売等)


太陽監査法人は、決算期が12月、3月以外のクライアントも多いことから、積極的に手を挙げれば、1年目で様々なクライアントの監査業務を経験することができます。

これまで関与した時間はクライアントごとに差がありますが、どのクライアントでもアドバイスをもらいながら自分に割当てられている調書を作成し、上司にレビューをいただく中で多くの経験を得て成長することができたと感じています。

充実した研修制度

太陽監査法人に入所すると、年に数回は独自の研修プログラムである『CAMP研修』に取り組むことになります。

研修内容としては、実際の監査現場と同様に、太陽監査法人が担当しているクライアントの過年度の資料を使って、監査調書を実際に作成し、上司からのレビューを複数回にわたって受けながら仕上げていくというものです。
研修ということもあり、普段の仕事中には少し聞きにくいこと(例えば、監査手続の進め方や、分析コメントの書き方などといった基本的なこと)についても聞くことができるので、成長に直結するOJT研修です。

私も今年の6月、大阪事務所に行って同期の方と一緒にCAMP研修を受講してきました。
研修のレベルが高くて進めるのは大変でしたが、大阪事務所の同期の方とも相談をしながら、楽しく取り組むことができました。
夜には懇親会を開催してもらい、親睦を深めることもできたので、とても楽しかったです。

さいごに


監査法人の就職活動は、試験の合格発表前から進める必要があり、合格発表後はあっという間に終わってしまうという特殊な業界です。取り組み方も、なかなか難しいと思います。
ですが、就職活動は自分のキャリアについて本気で考える貴重な期間でもあるため、大事にしてもらいたいと思います。

さいごに、
太陽監査法人 名古屋事務所で開催予定のイベントについてお知らせします!

個別相談会は上記以外の日程でも開催可能ですので、「スケジュールが合わないけど参加したい」という方は、希望の日程をご連絡ください。

リクルーターの方々は、一般的に話しやすい人であることが多いので、太陽監査法人はもちろんのこと、様々な監査法人のイベントへ積極的に参加し、自分に合った法人を見つけてください!

最後になりますが、この記事を読んで少しでも太陽監査法人の名古屋事務所に興味を持っていただき、後輩として入所してくれる方が1人でも増えると幸いです!