IPO業務(株式上場支援)は上場準備の会社に対する会計監査です。杉江俊志さんは、「上場準備の会社は、上場会社と異なり、会社の内部の整備や管理部門が未成熟なケースが多いのが特徴です。
そのため、一般的に上場会社と比べると課題も多く、この課題を上場までにクリアするためにコンサルティングの色も強いです。
IPO準備プロセスは、永続的かつ持続的成長のための“強い会社づくり”。これが太陽のモットーです」大手監査法人では一度監査担当になると、別部署のIPOに関わるのは難しいといわれています。
太陽は、IPOを通して健全に成長・発展を果たし、社会に貢献する企業を資本市場へ新たに輩出する一翼を担うことをミッションとしています